大豆イソフラボンについて

大豆イソフラボンについて

生理前になると心や体に不調があらわれて困っているという女性は多いのではないでしょうか。それは月経前症候群というものでホルモンバランスの乱れによるものです。生理が始まる2週間前くらいから症状が出始め、生理が始まると同時に症状が解消されます。排卵後に分泌される黄体ホルモンのプロゲステロンというものが優位になることで、女性ホルモンのエストロゲンというものが劣位になってしまいます。それがホルモンバランスの乱れにつながり様々な不調となってあらわれてしまいます。月経前症候群の症状は、イライラ、情緒不安定、集中力の低下、便秘、肌荒れ、頭痛、吐き気、腹痛、腰痛、肩こり、微熱、倦怠感などです。これらの症状を改善させる効果があるのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは大豆製品に含まれる成分で、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。ですので、ホルモンバランスの乱れを整える効果が期待できます。そのことによりつらい月経前症候群の症状を緩和させることができます。納豆や豆腐や豆乳などの大豆製品を積極的に食事のメニューに取り入れて大豆イソフラボンをたっぷりと摂取しましょう。サプリメントやドリンク剤などで補うのも効果的です。