エストロゲンとは

エストロゲンとは

エストロゲンとは女性ホルモンのひとつです。女性ホルモンにはこのほかにもうひとつ、プロゲステロンと呼ばれるものがあります。それぞれホルモンが果たしている役割は異なるので、どちらか片方だけが分泌されていれば良いと言うものではなく、このふたつの分泌量のバランスが整っていて初めて、女性にとっては望ましい状態にあると言うことができます。しかしストレスや加齢、健康状態などによりそのバランスは崩れやすいことが多く、それが心身の不調の原因になることも多くあります。エストロゲンの役割は、女性らしさを維持する役割です。また女性が妊娠するためにも大きな役割を果たしています。更に自律神経や感情の働き、骨の形成や血管の収縮を抑制すると言う役割も果たしているので、女性の心身の健康においては非常に重要なホルモンだと言えます。もしエストロゲンの分泌量が低下すると、妊娠しにくくなってしまったり、感情の安定が難しくなる、骨が形成されにくくなると言うことが考えられます。更年期を迎えた女性に骨粗しょう症の人が多いのは、エストロゲンの分泌量が低下していることも関係しているとも言われています。しかし逆にその分泌量が多すぎると、皮下脂肪がたまりやすくなって太りやすくなってしまったり、体毛減少などが出てくることもあるとされています。